地震に現れている自然の意図561 9月11日 9月13日追記

 地震と台風の位置から自然の意図を解釈しています。
 次の節目は9月20日の前後です。前後して自民党総裁選挙に影響する変化が起きてくるでしょう。日本では南海エリアと中部・近畿の地震と津波、これに加えて伊方を筆頭に、敦賀、柏崎刈羽原発の周辺に注意を向ける必要があります。昨年の12月の始めから結果を出すといって出さず、ずるずるやっているだけですが、この続きこそ重要になるでしょう。その続きは一つずつ崩して行くという感じです。
 博多の地震は3回目の延期で2021年の6月以降まで延ばしてやると伝えています。8月以降になるとリスクはさらに高まっているでしょう。これまで騙した分には最低限人間全般との協力関係の再構築が必要でしょう。取り敢えず人間が責任を持って回避に向けての努力をする事になります。
 「汚職のバイデン氏」陣営の不正選挙の証拠が一通り揃ったので、続きの変化でまずはトランプ大統領への再選(任)待ちです。

 死亡率が高めに偽装されている新型コロナウイルスは、治療方法が解熱剤に頼るとその部分で死亡率を高めます。スペイン風邪の治療法が隠されており悪質な犯罪行為です。当時の教訓に従い解熱剤を使わず、熱を出させてウイルスを殺すべきです。医薬品を使わなくても可能なほどの、当時の実績である免疫強化が相応しい治療方法です。解熱剤こそ人間の免疫を阻害して、ウイルスを増殖させて体力を奪って死に至らしめるのでした。
 生け贄という言葉には、神は悪いことをしないという思い込みのある人には強い違和感があるでしょう。現実に戦場において味方を犠牲にしないと勝てない戦いの最中です。勝利を得るまでは、味方を犠牲にせざるを得ない悲しい戦略を自称むごい神ミロク大神様は人間と共に断行しており、勝利の後にその態度を手放す意味と覚悟で旗印として消える予定です。善の側としてのアラーの神も同様に振る舞うでしょう。今は大きめの地震や津波並みですが、新型コロナウイルスでどれほどの被害を出すかの勝負が実際に起きているのです。400万人の中の一人にならない様に行動も出来るのです。
 生け贄というこの言葉は生きる選択肢を持てる人に、生け贄にならずに済ませて欲しいという願いです。尊い犠牲になりたければどうぞであり、現実でない神の姿と、オカルトに特徴的な人間の姿を知らずに綺麗事の自己満足を語る局面ではないのです。
 100年前のスペイン風邪のパンデミックにおいて、実際に起きていたことは米軍の使用から始まったワクチンの薬害であり、当時の不完全なワクチン技術に加えて12種類もの無理矢理の混合が人間の免疫を破壊していたのです。その治療法にアスピリンという解熱剤を今の数倍も過剰に投与し、そこから誘発される肺炎で殺してきたのです。あとから調べて分かる主原因の肺炎こそこの事実の証明です。
 ワクチン学を筆頭に医学の教科書にはこの現実を隠すための嘘が満載です。ワクチンの起こした薬害という現実をないことにする嘘を教科書に書いて医師達を洗脳して、人を殺して薬を大量に使う治療法で利益を得るという人間性のないビジネスモデルこそWHOでありCDCであり現代の医学です。AIDSの拡散とがんや糖尿病にも利用されている、嘘を教科書に書くというこの手法を変える必要があるのです。
 5千万~1億人と言われる死者はペンタゴンワクチン風邪とアスピリンの薬害の被害者であり、医療業界はWHOも含めてこの事実を隠して、新型コロナウイルスでの2匹目のドジョウを狙っているのでした。ミロク大神さまと未来の計画を立てた人間達は当時のこの被害を見過ごすことで、見殺しにすることで、大きな悲しみを抱えて今の情報公開で彼らの悪事をこの世から追放したいのです。これほどたくさんの味方を、言葉は悪くとも生け贄にしないと、犠牲にしないと勝てない悲しい戦いの現実に向き合ってみて下さい。勝利のために非情を貫かざるを得ない、そのつらさと苦しみが分かるでしょうか。人間としても、自分が感情が希薄になる人霊になるとしても、あらゆる種類の命という物の大切さを知ることになるでしょう。

 この記事に出てくる数値は、数字の羅列だけ見ても意味が分かりませんし、初めて見る方には事前に知るべき内容が多すぎて困るところでしょう。これまで隠されてきた先史文明の遺跡、地球の過去、今の未来の計画など簡単に説明するのは改めての作業です。
 まとめ記事は何度も書いているのですが、すぐに本1冊分になる状況です。自然災害の流れと政治の変化について、簡単に知るには以下の記事で数値の意味を調べて下さい。自然と人霊達が、地の声という地震からの距離と角度の情報で、様々なことを日本語とヘブライ語で数値化して伝えてきたのが1366万年前の過去から延々と続くこの世界の現実です。

地の声の情報の見方と基礎知識へのリンクについて
http://www.biblecode.jp/News_View.php?@DB_ID@=1057

これから起きる構造線型地震の地震科学としての発生メカニズムとその候補の説明記事
自然の力と意図の存在を教える大規模地震の仕組み1~3
http://www.biblecode.jp/News_View.php?@DB_ID@=1062
DB_ID@=1062、1063、1065がこれらのアドレスです。

稲生雅之
イオン・アルゲイン

9月11日
 太陽風は低速ですが、CMEが届いているのか磁気嵐を発達させており、敵への牽制には余念がない様子です。今の状況下でどこかにテロを起こすなど、やれる部分はあるでしょうから、その対処としか思えない部分です。動かせる物としてはタール山の噴火があるのですが、特に変化なしでありやり過ごしたいだけでしょう。
 こんな物かとは思いますが、油断なく911が終わるまでは備えと注意をお願い致します。
 これだと続きは9月17日に前後する自民党総裁選挙向けの動きでしょう。こちらへの警告が9月20日ですので、ここまで進んでやっと動きを見せるかどうかです。選挙で変化をしないと先になど進まないでしょう。
 政治にも大きなニュースはないでしょう。以下記録目的です。

ワクチンでコロナ収束は困難か WHOが疑念高める
【AFP=時事】世界保健機関(WHO)欧州地域事務局のハンス・クルーゲ(Hans Kluge)事務局長は10日、新型コロナウイルスの集団免疫獲得への望みが新たな変異株の出現により薄まりつつあることから、ワクチンの普及によって同ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が収束するとの見通しに対し悲観的な見方を示した。
 クルーゲ氏は記者会見で、新型ウイルスの流行が今後長年にわたり続く可能性があることから、各国の保健当局は接種計画を状況に応じて「徐々に順応させていく方法を見越し」ていかなければならないと指摘。特に追加接種の問題については重点的に知見を集めるべきだとした。
 クルーゲ氏は5月、「パンデミックはワクチン接種率が最低70%に到達すれば終わる」と発言していた。この数値を現在も目標としているのか、それとも目標の引き上げが必要になるのかというAFPの質問に対しクルーゲ氏は、感染力の強い「デルタ株」などの新たな変異株の出現により状況が変わったことを認めた。
 クルーゲ氏は「ワクチン接種の目標は、第一に重症化と死亡を防ぐという段階に達している」と言明。「新型コロナウイルスが、インフルエンザと同じように変異を続けて存続すると考える場合、私たちはワクチン戦略をエンデミック(一定周期で繰り返される流行)伝染に対するものに徐々に順応させる方法を見越し、追加接種の影響に関する非常に貴重な知識を集めるべき」と述べた。

 WHO大本営の公表としては、ワクチンで重症化と死亡を防げているとのことですが、ファイザーの論文では死亡率に変わりなしです。彼らのデーターを信じるなら感染と重症化はある程度減らせていることになるのですが、実際にはデルタ株がどこまで感染拡大しているのか、PCR検査の手法の詐欺で不明瞭にされているところです。
 まずは集団免疫が不可能になるという部分はやっと認める部分でしょうが、パンデミックを収められないという脅しを継続する為でもあって、その役に立たないワクチンでも効果はあるので我慢しろでしょう。
 スペイン風邪の時も血清療法に一定の効果があった記憶です。これが現代では抗体カクテル療法となって使えているかと思う所です。その他は大きな進歩には見えないのですが、mRNAタイプのワクチンはIgA抗体をインフルエンザでは不可能なレベルに産み出せているところがあるので、IgGと合わせて元株やアルファー株までは感染を予防する効果がインフルエンザワクチンよりも高そうな感じです。
 デルタ以降は感染増強抗体などのマイナス効果が顕在化するので、あまり変わらなくなると予想しており、ここにマスク効果の下駄履きを明確にすると、ワクチンへの信頼はさらに低下するでしょう。
 ワクチンのマイナス効果は今もって評価されないのですが、ワクチンを打ってもブレイクスルー感染が起きて増えている所であり、古いデーターなどでワクチン効果を高く見せる偽装が続いていますが限度があるでしょう。この嘘が明らかになるのは、もう少し先にあると思われるのでやりにくいですが、PCR検査の手法の詐欺を明確にする部分から議論がどんどん崩れると考えています。
 自然の動きはないと思われ、こちらとしては残りの時間で記事をどこまで書き上げるかでしょう。宮坂氏の嘘はひどい物なので、古い記事同様に一通りの嘘を明確にするかなど、まだ検討中です。上記の大本営の公表も踏まえて、彼らの隠したい部分を明確にする事が必要でしょう。

 目先本を売って食費くらいは出せるでしょう。先に続くように、資金繰りへのご理解とご協力をお願い致します。最後に苦しめて喜んでも連中にはほとんど得るものがないのであり、人間が努力をして情報公開を準備すべき所です。本日のしょぼいテロがアフガンなどで起きても影響が小さな物だと無視でしょう。
 何度も外すだけなのでどんどん信頼度を下げられて悔しいところですが、連中はその分動かす時に連続させるしかなくなるので、これが目的なのかと思える所です。その時はくどいですが容赦なくたくさん殺すでしょう。むごい神に相応しくなるあり方を自分で選ぶと思えます。
 この種の予想は信じられなくて普通だと思います。その時が先送りされてまずは総裁選挙です。ここで何をどの様に動かすのか、続きはそのタイミングになるでしょう。

9月11日の2回目の追記
気象庁震源リストのまとめ @eq_sum 42分
2021年9月10日の地震活動(気象庁発表)

福島県沖 75回
石川県能登地方 64回
宮城県沖 27回
岩手県沖 25回
有明海 24回
栃木県北部 22回
能登半島沖 18回
茨城県沖 15回
以下省略

計671回
http://j.mp/1oo8wnC

 変化なしでしょう。このまま先に流れて行くと思われます。世界のM7なり日本のM6で続きを教えるかどうかです。

9月12日の追記
 0時を過ぎた所です。特に変化なしでこのままに流れるでしょう。

 これから書き直すコロナの記事の概要です。
「起こせなかった世界核戦争とこれから自然が崩す新型コロナのバイオテロ1~」
 始めは、先史文明の存在と長い歴史、人霊と自然と人間が善と悪とに別れて争ってきた過去の姿を明確にする。
 核戦争への流れは止まり、残るはバイオテロを片付けて、悪魔達への情報公開と裁判が始まる。米国の政治体制が変わる変化になる部分を明確にする。
 これから起きてくる大噴火と自然災害を羅列して、当たるほどに信頼が増すように工夫する。
 科学の嘘はこの記事においては査読の利益誘導の為の嘘であり、個別の科学の嘘の議論はしない。別途mRNAタイプのワクチンの嘘を記事化するが、権力の支える査読の嘘が消えるまでは、批判には答える必要性なしと明確にして進める。
 始まりでは、この時期に向けてデルタ株詐欺まで使わざるを得なかった、悪魔の断末魔の叫びを明確にする。長い記事になるが、書き終えたら見直しをして、この部分は詐欺への批判を適切な物に修正する。

 利益誘導の為の査読の嘘と専門家の嘘、ノーベル賞の嘘の説明が2番目に続く。
a)医学の関連分野
1)新型コロナウイルスに子供達が感染しない原因究明、難しい事はやりたくない例
 ワクチンの効かない理由を明確にする。マスク下駄効果と抗体再生産なし、免疫記憶の仕組み
2)子宮頸がんワクチンと放射能の反動、ノーベル生理学賞の嘘、確信犯
3)プリオン仮説、ノーベル生理学賞の嘘、確信犯
 アルツハイマーの原因を明確に出来て、対処法まで示唆出来る。
4)ホメオパシーとレメディ、難しい事はやりたくない例
5)教科書の嘘を羅列し簡単に説明する。
 嘘は身近にあって健康と命を奪い続けている。

b)物理
1)加速膨張の嘘とらせんの力の物理、ノーベル物理学賞の嘘、確信犯
2)ブラックホールと重力波の嘘、ノーベル物理学賞の嘘、間抜け
3)地震予知、難しい事はやりたくない例
4)熱核融合と常温核融合、難しい事はやりたくない例

c)その他
1)先史文明の遺跡の存在、100個以上でもキリスト教の教義に反すると科学出来ない
2)1366万年の人類の歴史と突然変異の分子時計の嘘、AIDSもコロナも人工ウイルスであり人類へのテロである
3)当時のバイオテロだったスペイン風邪のワクチンと治療薬の問題
4)地球温暖化と海面上昇、IPCCとノーベル平和賞の嘘、損する事もやりたくない例

 これで書き進める予定ですが、文句コメント他があればお願いします。お金があってもなくても邪魔に変わりはないと思うのですが、電気まで止めると先に続かないところです。15日が期限と支払い請求が来たので、続きはこのタイミングをどうするかでしょう。嫌がらせもいい加減いしないと記事も書けなければ、必要な情報発信が出来なくなるだけです。
 昨日は本を売るのに待ち時間が1時間出来て、その間に偶然リンパの本が読めました。宮坂氏の批判をする上では役に立でしょうが、本当に重要だったのかは少し疑問を残しています。ネットで調べても必要な情報を探せたはずですが、すぐに検索出来るかには運があるでしょう。本の前に導いてやったにはありがとうを返すのですが、時間つぶしのヤラセである部分を否定することは難しいでしょう。こんなレベルが昨日でしょう。
 上手くやれているのか、ばからしい時間つぶしに付き合わされているのか、微妙なところでしょう。協力し合ってこそ普通ですが、最後の重要部分に普通の常識などこちらが信じないので、くだらない演出にうんざりしているがこちらの本音になるでしょう。
 くどくど繰り返すのですが、結果を出す為に努力するのであって、あの世にらせんの力のエネルギーを放出する部分など、今の時点ではゴミ扱いでしょう。時間調整がどこまで必要なのか、続きの動き次第でしょう。結果の出る部分です。
 ここまで進んで、まだ電気代の邪魔まで続ける理由に理解しかねるところです、ギリギリの演出が嬉しいだけであって、敵に対する効力など微々たる物でしかないでしょう。それでもおもちゃにするのであり、屑に相応しいと批判を書いておきます。最後らしく混沌のくだらない演技で終わりになって、無意味を演出してこそのお互いでしょう。これを屑だと表現です。人間としての分を守るけれども、結果が出たらそこに評価が出ても普通でしょう。現状は吸血マゾでしょう。これを明確にするあの世側の目的は揺らがないところです。
 この記事では、まだ自公政権の権力をむき出しにした、査読の嘘全開の批判にさらされる部分を加味して、無駄な批判に答えなくてすむ様に配慮をしたつもりです。難しい話しについて来れる人材は少ないでしょうから、工作員のくだらない批判の大半を無視出来れば良いでしょう。
 動きが出るのは9月29日よりもまだ先になり得ると考えての対処です。本日に動きがなかったので、ここまでの覚悟が必要になるという話であり、誘導されている部分は承知の上での調整です。本当にこれがあるべき姿かはもう少し考えて、記事書きに進むところです。準備は進むにしても変化などまだ先だと思わせる物でしかないでしょう。

9月12日の2回目の追記
 1つ目の返事があるので載せておきます。目につく変化なしです。

12日11時17分ころ、地震がありました。
震源地は、豊後水道(北緯33.1度、東経132.1度)で、震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は4.1と推定されます。
3311、検出器
321、刺激する、怒らせる、集める
33;流刑地に入る、11;適切な、32;事の真相、10;エース

 8月末に3311312の地震が起こされており、地殻変動の検出器でした。無意味に時間を潰す道具にした物であり、今回の3311も同様に無意味に時間を潰す物だと言えるでしょう。非難合戦になるだけであって、実務上の動きなしですので、じゃれ合いこそやりたいの世界でしょう。
 続きで変化するか時間つぶしに専念するか、地の声3回目までは様子見です。記事はそのままに書き進める予定であり、連中は始めからこのレベルで記事を書かせたくて、ここまでの時間つぶしと嫌がらせに邁進してきたが、普通の方の目にも映るでしょう。
 見落としなどまだ出てくる可能性はありで、こちらは仕事が進めばありがたいだけです。足引かれるもこの地震だとその範疇でしょうが、これは始めからお互い様だとしているとおりの物になります。
 3311を繰り返しているのは馬鹿にする為なのか、それとも続きだとこじつけたいのか、何とも言えない所です。
 8月14日のハイチの地震で約2500人もの生け贄を捧げた以上は、ここが始まりで確定です。約1ヶ月を無為に過ごす理由は図りかねると書いておきますし、あとからたくさん殺すから動きが分かっていいじゃんの世界でしかなく、彼らが何をどの様に教えたいのか、ただただ先送りで読みにくくしているだけかとも思える所です。
 残る予定は21日のサンクトペテルブルクに29日のモスクワクレムリンですが、あまり意味があるとは思えずと繰り返す所です。8月14日から動き始められているのに、続きがこの予定で出来ない流れなどないでしょう。

 総裁選は高市氏が戦争路線の安倍氏の流れを強く出しており、中韓北の動きが気になるところです。いまさら2017年のように北の動きを利用するとは思いにくいのですが、金氏は激やせと言える程に太った体を元に戻しています。軍事パレードも9日の深夜に実施していることもあるので、動きは気になる部分です。
 中国も尖閣付近での禁漁が空けて漁船が来ていましたが、大きな問題は起こしておらずで今に到ります。何がどこまで出来レースなのか、11月中の選挙が終わるまでは、足の引き合いでしょう。
 まだまだ続く駆け引きの中でしょう。11月が本番なら、動きをどこまで先送りするかの方が重要でしょう。総裁が決まって10月始めに組閣して所信表明でしょうから、ここまでなにもせずに行くのか、それとも揺さぶりをかけるのか、いつでも動かせるままに過ぎて行く所でしょう。

9月12日の3回目の追記
気象庁震源リストのまとめ @eq_sum 43秒
2021年9月11日の地震活動(気象庁発表)

福島県沖 58回
石川県能登地方 50回
三陸沖 48回
宮城県沖 31回
和歌山県北部 24回
岩手県沖 14回
奄美大島近海 14回
福島県会津 14回
以下省略

計635回
http://j.mp/1oo8wnC

 ほぼ変化なしでしょう。油断なく備えをお願い致します。

 地震は3個になりました。

12日18時08分ころ、地震がありました。
震源地は、胆振地方中東部(北緯42.8度、東経142.0度)で、震源の深さはごく浅い、地震の規模(マグニチュード)は3.5と推定されます。
42、心に留める、
81、側面、

12日18時37分ころ、地震がありました。
震源地は、愛知県西部(北緯35.1度、東経137.0度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は2.6と推定されます。
3511、恥
37;神
351、グループ、バンド、騎兵大隊、飛行中隊、団体、鳥の飛行、嫌い、憎い
137、骨折り、疲れさせる

 文句はある所でしょうが、こちらへの批判にしては中途半端であり、自分に向く様な物言いには仕方がないのだろうと返しておきます。
 記事への批判他、色々検討してはいますが、特に意味のあるコメントはないでしょう。前回のコロナ記事への質問に際して、時間つぶしでこちらの判断を踏みにじったところなので、今回は物が言えないに等しいでしょう。これは汚いと批判出来る部分でしょうから、役目果たせよと返す所です。守護霊達に足引かせて、自分たちまで汚いやり方など、禊ぎに消えるに相応しいと書かれるだけとなるのでした。
 また連中を怒らせるでしょうが、高い人間性で導いて見せろがこちらの常套句になる所です。その分ありったけをくれてやるのでがんばれです。
 こちらはこの先も人間を繰り返すでしょうから、禊ぎのついでに人間をやる時には、この世界の苦しみを一緒に味わいましょう。こちらから見て如何に屑に見える物かを、存分に味わえるでしょう。

9月13日の追記
 伊勢湾にM2を越える地震を起こしており、脅しになる状況下です。悪魔達も出てきました。

13日13時59分ころ、地震がありました。
震源地は、岩手県沖(北緯39.3度、東経142.1度)で、震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定されます。

 13時59分でギリギリ359に見えるのですが、前回も1359だった記憶なので、がんばっているとしか言えないでしょう。意味があるのか疑問でも備えるところでしょう。他の部分ではリスクを感じていませんが、備えるしかないでしょう。
 昨日の夜医学に進歩があり、以下を本日の作業で進めるところです。

「子供達が新型コロナに感染しない仕組みはマスクを外す事で大人にも利用出来る1~」
副題 ライノウイルスの新型コロナウイルスとの競合論文と、人体の免疫記憶の一部になったインフルエンザウイルスが教えた、新型コロナウイルスを駆逐する方法。

 既に記事に書いているインフルエンザの効果で新型コロナウイルスの季節要因が影響を受けている部分の詳細になる話です。1月2月と不自然に新型コロナウイルスの感染が抑えられるのですが、この出所はほんの少しだけ感染するインフルエンザと考えるよりも、昨年やそれ以前にインフルエンザにかかった人が、自分の体内に少数抱えるインフルエンザウイルスだと考える方がつじつまが合うことに気づきました。
 発症後の生き残りでかくれんぼ中のインフルエンザウイルスですが、この時期になると季節性の影響を受けて1千倍とか1万倍とかに増殖するでしょう。その結果でまた抗体に喰われて抗体再生産を引き起こすのですが、その間で新型コロナウイルスが来ても、これを簡単に撃退出来たでしょう。その結果が季節性に表れているはずだと、統計数値的に理解が出来た所です。
 これまではライノウイルスが新型コロナウイルスを駆逐出来る部分までが公表論文で、インフルエンザの影響についてはその可能性があるというレベルの指摘でした。高い可能性ではありますが、今回の気づきで一歩進んだので、理論医学の論文レベルとなり、免疫記憶の仕組みの解明にもなって、医学のそれなりに大きな進歩になるでしょう。
 宮坂氏の本で、滅茶苦茶に嘘が書かれている部分への批判を考えた結果でもあり、免疫記憶の仕組みの具体的な証拠を提示する結果となりました。これまでの理解ではインフルエンザウイルスが生き残っている可能性が高いのでこれが免疫記憶になるという説明でした。これは実験で直ぐに結果を出せるでしょうし、自然感染すると免疫が翌年以降に残る事まで明確なので、この仮説を支持する大きな現実でした。
 今回一歩進んで、インフルエンザのかくれんぼ君が新型コロナを一部で撃退して、感染に影響を及ぼすほどだと示せたでしょう。一歩進んでインフルエンザがごく少数で生き延びている証拠になるでしょう。
 天然痘も結核も同様のメカニズムで説明が出来るので、免疫記憶の仕組みにごく少数の生き残り菌やウイルスが必須である部分を明確にしたでしょう。そしてこれで、生ワクチンでない限りは免疫記憶を利用出来ないと明確になるのでした。この部分のメカニズムが不明瞭なので、宮坂氏は如何にもmRNAタイプのワクチンにも免疫記憶があるという詐欺の説明を行っています。これが否定出来るのでこちらにとっては大きな進歩になるのでした。
 コロナの記事でも触れる部分ですが、重要な部分でもあり医学の進歩としても注目も集めたいので、切り離して独立した記事にするところです。敵が喜んでくれる進歩になったのでした。

 資金繰りにご協力を頂きありがとうございました。電気代残り5千円です。15日に間に合って先に進めるように、引き続きのご理解とご協力をお願い致します。

ゆうちょ銀行
記号10560 番号39920511 イノウ マサユキ
三井住友銀行
船橋支店 普通預金 7055954 イノウ マサユキ

以上