地震に現れている自然の意図355 9月7日 9月9日の追記

 地震と台風の位置から自然の意図を解釈しています。
 9月6日の善と偽善の応酬は、台風10号の被害を出すかどうかの勝負であった様子です。こちらとして意外なほどに被害は小さかったでしょう。続きは、9日や14日の自民総裁選か16日の首相選出に合わせて自然が動く可能性を高めたでしょう。カトラ山は9月中の噴火と思われます。この間米中紛争と戦争への画策も続くでしょう。
 「香港国家安全維持法案」の制定が採決されて、香港情勢は民主化に逆らう物ですが、死者をたくさん出すデモは起きないでいます。これに前後する北朝鮮のミサイル発射と、さらに前後する中共の尖閣向けの動きに警告を出しています。安倍政権が軍産議会複合体の言いなりとして尖閣列島での紛争に進む姿が明確になっています。暗号解析で見てもこの先は善の側の望んだ流れに沿った動きであり、軍産議会複合体と中国共産党は香港とこの衝突に追い込まれて自然災害がそれを止めるという演出が、これから数ヶ月繰り返される様に感じられています。備えと注意は油断なくお願い致します。
 トランプ大統領は7月6日にWHOの脱退を正式に通告し、米国の新型コロナウイルスの死亡率は1/10に低下したと言い始めており、新型コロナウイルスに感染しても99%は無害だとの主張を繰り返しています。ここに来てやっとWHOのバイオテロへの情報公開が進む兆しが見えてきました。
 こちらの被害者総数は約100万人程度になる予想なので、たくさんの生け贄が捧げられ続けており非常に悔しい所です。作戦であるにしても人間としては容認出来ると口にしにくいでしょう。以下は新型コロナウイルスの拡散の早い時期からこれまで繰り返してきたこちらの主張です。

 死亡率が高めに偽装されている新型コロナウイルスは、治療方法が解熱剤に頼るとその部分で死亡率を高めます。スペイン風邪の治療法が隠されており悪質な犯罪行為です。当時の教訓に従い解熱剤を使わず、熱を出させてウイルスを殺すべきです。医薬品を使わなくても可能なほどの、当時の実績である免疫強化が相応しい治療方法です。解熱剤こそ人間の免疫を阻害して、ウイルスを増殖させて体力を奪って死に至らしめるのでした。
 生け贄という言葉には、神は悪いことをしないという思い込みのある人には強い違和感があるでしょう。現実に戦場において味方を犠牲にしないと勝てない戦いの最中です。勝利を得るまでは、味方を犠牲にせざるを得ない悲しい戦略を自称むごい神ミロク大神様は人間と共に断行しており、勝利の後にその態度を手放す意味と覚悟で旗印として消える予定です。善の側としてのアラーの神も同様に振る舞うでしょう。今は大きめの地震や津波並みですが、新型コロナウイルスでどれほどの被害を出すかの勝負が実際に起きているのです。100万人の中の一人にならない様に行動も出来るのです。
 生け贄というこの言葉は生きる選択肢を持てる人に、生け贄にならずに済ませて欲しいという願いです。尊い犠牲になりたければどうぞであり、現実でない神の姿と、オカルトに特徴的な人間の姿を知らずに綺麗事の自己満足を語る局面ではないのです。
 100年前のスペイン風邪のパンデミックにおいて、実際に起きていたことは米軍の使用から始まったワクチンの薬害であり、当時の不完全なワクチン技術に加えて12種類もの無理矢理の混合が人間の免疫を破壊していたのです。その治療法にアスピリンという解熱剤を今の数倍も過剰に投与し、そこから誘発される肺炎で殺してきたのです。あとから調べて分かる主原因の肺炎こそこの事実の証明です。
 ワクチン学を筆頭に医学の教科書にはこの現実を隠すための嘘が満載です。ワクチンの起こした薬害という現実をないことにする嘘を教科書に書いて医師達を洗脳して、人を殺して薬を大量に使う治療法で利益を得るという人間性のないビジネスモデルこそWHOでありCDCであり現代の医学です。AIDSの拡散とがんや糖尿病にも利用されている、嘘を教科書に書くというこの手法を変える必要があるのです。
 5千万~1億人と言われる死者はペンタゴンワクチン風邪とアスピリンの薬害の被害者であり、医療業界はWHOも含めてこの事実を隠して、新型コロナウイルスでの2匹目のドジョウを狙っているのでした。ミロク大神さまと未来の計画を立てた人間達は当時のこの被害を見過ごすことで、見殺しにすることで、大きな悲しみを抱えて今の情報公開で彼らの悪事をこの世から追放したいのです。これほどたくさんの味方を、言葉は悪くとも生け贄にしないと、犠牲にしないと勝てない悲しい戦いの現実に向き合ってみて下さい。勝利のために非情を貫かざるを得ない、そのつらさと苦しみが分かるでしょうか。人間としても、自分が感情が希薄になる人霊になるとしても、あらゆる種類の命という物の大切さを知ることになるでしょう。

 この記事に出てくる数値は、数字の羅列だけ見ても意味が分かりませんし、初めて見る方には事前に知るべき内容が多すぎて困るところでしょう。これまで隠されてきた先史文明の遺跡、地球の過去、今の未来の計画など簡単に説明するのは改めての作業です。
 まとめ記事は何度も書いているのですが、すぐに本1冊分になる状況です。自然災害の流れと政治の変化について、簡単に知るには以下の記事で数値の意味を調べて下さい。自然と人霊達が、地の声という地震からの距離と角度の情報で、様々なことを日本語とヘブライ語で数値化して伝えてきたのが1366万年前の過去から延々と続くこの世界の現実です。

地の声の情報の見方と基礎知識へのリンクについて
http://www.biblecode.jp/News_View.php?@DB_ID@=1057

これから起きる構造線型地震の地震科学としての発生メカニズムとその候補の説明記事
自然の力と意図の存在を教える大規模地震の仕組み1~3
http://www.biblecode.jp/News_View.php?@DB_ID@=1062
DB_ID@=1062、1063、1065がこれらのアドレスです。

稲生雅之
イオン・アルゲイン

9月7日
 台風10号の被害ですが、7日の12時で安否不明4人に重軽傷者42人です。高潮の被害は伝えられておらず、土砂崩れが1件です。騒がれた割には被害の少ない状況ですので、あるべき姿ではあるでしょう。
 いろいろ考えていますが、結局2016年7月の啓示と暗号解析の結果も釣り餌にして、偽善の側を台風10号での被害の勝負に誘っただけでしょう。こちらは味方にまんまとやるやる詐欺をやられたレベルであり、連中としてはこれで良しの世界です。
 当然ながら続きの警告にはならないので、初動も含めてたくさん殺すでしょうし、嘘の9分9厘の生け贄劇場に相応しい姿になるでしょう。これで連中も安心して自分の名前を消すレベルのむごい自然災害を安心してやれるという姿です。
 今回は明瞭に敵に勝利することが優先されており、続きは本来の姿通りに、人間が生け贄になってたくさん死んで未来を作るという「本来の姿」でしょう。これしか出来ないのだとつくづく思います。あの世側の評価はこれで得ている部分が大きくあるのでしょう。

 複雑な思いです。被害の少ない高潮くらい簡単であって起こせば良いのに、5日夜で南大東島の80cmの情報があるのみです。事前に出された高潮の予想がここまで外れるのも不思議ですが、昨年の関西空港を水浸しにした高潮の予想が出来るのですから、余程その後に大きな変化をつけたとしか言えないでしょう。コースを西寄りにしたことに加えて何があるのか、こちらにはまだ理解出来ていないところです。
 連中もひどいことをしている自覚はあるので、朝から地の声が連続しています。6時34分に茨城県沖でM5.2の地震があり、船橋は震度2でした。不思議なことに事務所は揺れていません。内容は無視出来るレベルだという事です。北緯東経は以下です。

北緯東経 3671416 36;見ろ、後で、71;それ故、416;地殻変動
北緯東経 3671416 36;見ろ、後で、71;それ故、41;これ、60;フック

 意味は後で地殻変動だとなりますが、舌の根が乾かぬうちの嘘でもおかしくないのがこれまでです。結果を待つだけでしょう。
 もう一つの意味が、台風10号こそ偽善の側のメッセージだということになり、善と偽善で争った結果で今があると言う所です。
 この後続きがあり、9時半に福井県嶺北でM3.3の地震と、4分後にも同位置の地震で善の側としての合図です。その後も後続があって3回です。この地震の解析をさせたいと言う事になるでしょう。震度5弱の前回は一部しか調べていないのでやり直しでしょう。

 この場所を短冊の1辺として3回刺激するのですから、ここを動かしてみせるというヤラセの主張です。ここ数日を見てきましたが、明瞭な構造線の動きは演出されていませんでした。影響を見せないだけでもあるでしょうが、同時に釣り餌であることに変わりはないでしょう。
 今後は福井県嶺北の地震に情報を載せているでしょうが、取り敢えずで続きは9月9日と14日から16日です。どこまで当てになるかは分からないでしょう。外す事しかやらないので、これ以外の日にいきなり動いても、敵を騙せて生け贄も増やせて、勝利への道でしょう。とにかく勝利に向けて無慈悲に進む場面でしょうから、油断なく備えるに限るでしょう。
 繰り返しますが、今回の動きは自己の勝利にこだわり、今後の人間の犠牲に対して意図的に配慮をしなかった物です。自称むごい神ミロク大神様として、覚悟の道の選択でしょう。こんな事が今できるのであれば、これでこちら的には明確に自分の名前を消す理由とさえ言えるでしょう。これから世界の数カ所で合計数万人からそれ以上を殺して生け贄にするでしょうから、この方が良いという非常に悲しくつらい選択でしょう。
 続きの地の声解析には時間を使います。本日無理する必要を感じませんし、偽善の側が9月6日で他に何かするかを待つ部分も重要です。
 らせんの力の記事の準備も進めており、イラストを描いています。出来ている部分の一部を載せておきます。この記事も優先で書きたいので、くだらない無意味と思われる地の声の解析は後回しでしょう。結果が出てからの解析でも良い物は、現時点で無視です。
 資金繰りにご協力を頂きありがとうございました。まだ支払いを進めるには到らないのですが、先に進める部分は確かです。結果を出すまでがんばりましょう。
 連中は覚悟を決めてたくさん殺す可能性を否定しなくなったところです。くれぐれも巻き込まれる必要のない自然災害で命を落とすことのないように、備えと注意をお願い致します。
 3671416の地震も12時半にM4.5で続きです。船橋は揺れないので無視して良しという合図と、あとで416だと言いたいのでしょうが、結果を出すまで嘘つきの人間の屑という状態のままでしょう。それでも備えをお願い致します。

 意味があるかは不明瞭ですが、諏訪之瀬島がまた噴火しています。続きは明日以降というつもりでしょうが、重要なら他も動くでしょう。現状はヤラセとの違いがどこに出るかに注意程度でしょう。ここでも目的は、敵を騙すことであり、人間は生け贄として死ねば良いのでした。無慈悲にがんばりましょう。

9月7日の2回目の追記
 9月6日の情報の応酬は改めての解析です。本日の台風10号には意味を感じないので、事後必要に応じての解析です。
 本日再び繰り返された福井県嶺北の地震の解析です。

柏崎刈羽原発 260km、2020915
 10240kインチ、いつでも
 850kフィート、2020909、926
 284kヤード、11360
 140海里、2020907、7日おき
皇居    324km
 175海里、2020907、7日おき
船橋    213.99海里、214外しで2020909外し
敦賀原発  43.2~41.3km、201.11~204.84度
 1700kインチ、2020909、926
 136656フィート、14kフィート、2020907、7日おき
 46kヤード、2020918
 47kヤード、2020906
 26マイル、2020915
 22.68海里、23海里、2020918
スカイツリー 1079kフィート、108外しで2020923外し
八丈島   464.1km、よろしい
 1520kフィート、2020916
 288マイル、2020914、9日おき
 250海里、いつでも
東倉里エリア 295度、2020927
 42731400インチ
 3560kフィート、2020923
 1187310ヤード
 674マイル、除数で29979
サウスアンボイ 23度、2020918
 432mインチ、2020923
 36mフィート、2020914、9日おき
 12mヤード、3日おきのいつでも
コップの森 26度、2020915
 435mインチ、2020923
 5966.8海里
バブヤンクラロ 90800kインチ
秦山の原発 1698kヤード、除数で119
広東の原発 1388海里、2020928

 この地震を本日繰り返す必要性など高くないでしょう。これまで通りですが、船橋への2020909外しがやりたいだけでしょう。本日7日の動きは始めから可能性が低いでしょうし、明日8日の組み込みもあるにはあるのですが、ここは不明瞭でしょう。可能性は低いと感じるのみですが、このやり方で動かす部分が否定出来ないので備えは重要なままです。騙すために垂れ流す嘘のたぐいと区別が付かないのは自業自得であり、愚かしいだけの行為です。結果は自己満足とここに再び書かれるのでした。たくさん殺す上でのエチケットでしょう。
 14~16と23日などに集中して見せていますが、結果を出さずに何がやりたいのかそれ次第でしょう。
 皇居の324kmですが、32;事の真相、40;x2という意味まであります。7日は外すのみでしょうが、事の真相が本日分かるの意味にも取れて、続きを14日、21日28日で期待しろと続きを垂れ流したいのでした。
 世界での9月6日もそろそろ終わると思います。遅れて流れるニュースを待てば、6日に何があったのかを考えられるでしょう。現状始めの記事の通りであり、偽善の側がやけくそでテロや紛争に動く部分を、誘い込みで高潮被害に賭けさせた物でしょう。結果を出してお終いであり、敵に後何が出来るかでしょう。
 昨日本日で世界のM6以上の地震は5回であり、ハイペースです。8月12日からでも18回となり、もうすぐ平均の2倍に届く世界でしょう。今回は偽善が動かそうとする部分を善の側が潰しまくった世界に見えています。位置の解析も連中がずらした後の結果なので解析に意味などないでしょう。とにかく偽善の側を負かして喜んだの世界です。もちろんこれから発生する人間の生け贄を前提にしてです。
 これで作戦通りというのですから、むごい神ミロク大神様が名前を消して当然の人間性のなさであり、嘘つきの人間の屑に相応しい、つらく悲しい作戦だと改めてここに明記です。

 続きは9月14~16日の日本の政治の動きに合わせた物になりやすいですが、とにかく敵を騙すことが今の時点の至上命令でしょう。連中の言う事を当てには出来ないでしょうから、9月一杯は動きが出るまで備え続ける必要があるでしょう。どこかに動きが出ると、続きの情報に地震科学の推定も加えられるので、多少状況が改善するでしょう。
 あと、東倉里に427314と118731があるので、これを大型ミサイルの発射として待っている可能性もあるでしょう。台風が2つ重なって、少し前も含めて3つ目でしょう。ここまでやる必要があるほどに韓国の文大統領は戦争を中国共産党と共に求めており、危ない存在であることは確かでしょう。国民は西側のつもりなのに、中身は共産主義中共でしょう。
 これを止める目的にも見せていますが、敦賀から北京に到る構造線が韓半島を通ります。この意味ではエネルギーを通す時に大きな地震になることを避けるためであり、何万人も無駄に殺すことを避ける動きでもあるのですが、これで戦争を引き寄せる結果になるなら間抜け以外の何者でもないでしょう。無駄にたくさん殺すことを厭わないのに、ここでは殺したくないとする姿勢です。結果に表れるでしょう。
 ここが都会で動く時は普段から動きがないので、被害は地震国との比較で大きな物になるでしょう。しかしながら連中はすぐに大規模地殻変動つながると騒ぎ出すのですが、ここが動いても連鎖連動など知れているでしょう。普段から動かない分、影響力にも乏しいのであり、むしろこの種の動きを負担しても良い側なのでした。山奥でも動かせば、地球のための調整になるとさえ、言える部分があるでしょう。これも結果に表れます。
 あまり書きたくないのですが、守りたいところは守られて、破壊されるべき所は破壊されるのです。未来のためであって、その地の政権の悪事のせいだけではないという部分になり、勝利のために存在する不条理の一種でしょう。敵が喜ばないやり方にも配慮が必要なので、結局無慈悲を貫けばこのレベルの不条理など些細な問題になるという、低い人間性をむき出しにするでしょう。これで勝負の世界ですと明記です。
 若狭湾の自然災害のリスクの高さをご理解頂ければ、それで十分という説明です。

9月8日の追記
 台風10号は温帯低気圧に変わり、他に地の声もありません。明日を外したいなら動きの可能性は低いでしょう。続きが911を外す事であり、これを超えての9月14日以降の変化の時かも知れません。
 偽善の動きに関する9月6日のニュースもありませんでしたので、この日の応酬は台風10号の被害を出すかどうかであったと思われます。本日の説明ニュースで、九州の西側の領域では、台風9号の通過で海水温度が低下していたために、930hPaの予想が945hPaまで低下して被害が少なくてすんだとありました。
 こちらにとっては理解の出来る話ですが、善も偽善も承知の上での動きでしょう。この場合豊後水道側に進路を取れば多少は被害を出せたでしょう。九州や四国に上陸する時点で水蒸気の供給は大きく減るので、連中が誘ったように、豊後水道側に進路が取れて、ここに高潮被害と、周辺への豪雨災害で進みたかった物でしょう。啓示の誘うとおりなのでした。
 暗号側でも同様に敵を誘う準備がなされており、この部分にどんな仕掛けがあるのかは、暗号解析の続きになるでしょう。地の声の解析にあまり意味がない9月6日なので、期待した状況発生に対してどの様な準備が暗号側にあったのか、後で調べるでしょう。残り作業はこの程度になると思います。
 敵は明らかに負けているので、続きの911はがんばるでしょう。地の声も必要な警告は出すかも知れませんのでここにも注意です。尖閣にも来なければ、ミサイルも飛ばないで過ぎる予想ですが、明日の北朝鮮の動きには注意となり、今後への政治的なメッセージが出てくるのではないかと思っています。

 自称むごい神ミロク大神様も覚悟の上で進める動きでしょうし、こちらの不満が高まることをあらかじめ予想しての、質量制御技術の工業化レベルへの進展です。具体的に進んだのでやっと未来を良い方向に変えられると安心させて、むごい仕打ちをそこに重ねるのです。嘘つきの人間の屑に相応しく、仕上げの時が近いと思わせる工夫でしょう。
 ひたすら資金繰りをギリギリに調整して、満足に本も買えなくして、ここまで先延ばしが出来た物だと言えるほどに、ある意味簡単に進んだ部分でした。結局手枷足枷の世界でしかなかったのでした。らせんの力の評価を進めることが出来たかどうかの違いです。
 女性票への配慮も今やることかと思っていますが、連中にとってはこちらに予想出来ない部分での未来を見越した作業です。
 WHOの批判記事を書くに際してどうしても水の科学の説明が必要になるので、この準備を兼ねてのらせんの力の科学の説明の予定でした。現状はここに重なる質量制御の技術なので、この双方をらせんの力の科学として説明する準備を進めています。
 続きに何が起きるのか分かりませんが、こちらが以前ほどには相手をしなくなる部分も見越して、地の声は減るのではないかと思っています。自己満足を垂れ流す部分はあまり解析しないでしょう。
 続きは14日までのらせんの力の記事を書き上げることと、続きのWHOの批判記事にも進んで行きたいと思います。世界中で新型コロナウイルスの死亡率は低下しているのに、誰にもこの種の統計を報道させないという、メディアの統制でしょう。いい加減に目を覚ます時であり、自然の動きに合わせて重要な情報公開になる必要のある部分です。もちろんこちらとしては、カトラ山の噴火に合わせる作業であり、今はまだその時ではないでしょう。9月に大噴火に動く物か不安になる部分ですが、目先の9月中頃の変化がどうなるのか次第でしょう。
 まずは9月14日まで情報公開が続くように、資金繰りへのご理解とご協力をお願い致します。くどくど繰り返しますが、岩を浮かせる質量制御の技術は、基礎科学の領域から工業化の領域に進展するところです。大金を積み上げなくても岩を浮かせる部分、少なくとも飛行機の大型輸送船化が進むところまでは、かなり早く進むでしょう。質量が50%に減っても大きいですし、100%にすぐに進めるか、効率化の競争かも知れません。
 こう書いても信じにくいだけだと思いますが、「偶然にも」らせんの力で質量を減らせている論文が複数確認出来たので、続きは難しくないはずです。記事にもその様に説明する予定であり、残りは先史文明時代にどの様に人間の想念を利用していたかです。大まかな理解が出来る所まで進んでいますが、これも実演して見せないと多くの人には信じにくいでしょう。こちらはまだ手間取りそうですが、人間の想念にエネルギーがある部分は明確にしたいと思っており、あの世の科学としても多少進歩した部分があるので、ここまでを紹介予定です。
 まずは9月14日までがんばりましょう。

9月8日の2回目の追記
 嫌な位置での地震を起こしています。イラスト参照下さい。
 大きな意味があるのか分かりませんが、ヤラセと言える敦賀原発の下の小さな地震が起こされており、警告のつもりでしょう。だいぶ前にも同じ位置での地震があり警告をした記憶です。こんな感じでおもちゃにしてきたので、いざ動くとなってもこれだけを見て判断することは出来ない物です。
 続きに注意ですが、明日向けの脅しでしょうから、地の声上は動かないことになっていても、嘘つきの言動としてリスクへの備えは外せないでしょう。ガセネタのエチケットだと思っています。
 1ヶ月分で見ると敦賀原発から北西に向かって小さな地震列が見られます。これも構造線と考えて見る必要があるでしょう。海側が動いて津波を起こしうると言うサインでもあるので、警告として残しておきます。

9月9日の追記
 特に地の声なしですので、本日が外れる様に備えと注意をお願いします。
 本日は笑えるニュースを2つ載せておきます。

英製薬大手、新型コロナの臨床試験中断 副作用疑いの事例
 【ロンドン=板東和正】ロイター通信によると、英製薬大手アストラゼネカが英オックスフォード大と共同開発中の新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、臨床試験で被験者に副作用が疑われる事例が発生し、臨床試験を中断した。ロイターが8日、米医療専門メディア「STAT」の報道をもとに報じた。
 アストラゼネカの臨床試験は米国や英国などで実施されている。副作用が疑われる被験者は回復するとみられているが、症状などの詳細は不明という。ロイターによると、アストラゼネカの広報担当者は「標準の審査プロセスにおいて、安全性を見直すためにワクチン投与を中断した」との声明を発表した。
 同社のワクチンは開発競争の先頭を走っているとされ、英国などが供給の約束を得ているほか、日本政府も1億2千万回分の供給を受けることで合意している。
 世界保健機関(WHO)が公表した8日時点のリストによると、世界では現在、170以上のワクチンの開発計画が進んでおり、うち、欧米などの34剤は人に投与して安全性や有効性を確かめる臨床試験に入っている。

欧米製薬会社、ワクチンの安全を最優先 9社が共同声明
【ロンドン=佐竹実】新型コロナウイルスのワクチンを製造する欧米の製薬会社9社は8日、安全を最優先するとの共同声明を発表した。効果が確認されるまでは当局に承認を求めないことも申し合わせた。米国では臨床試験(治験)終了を待たずに緊急的な接種を認めることが検討されており、業界側から政治的な動きをけん制した。
トップによる共同声明を出したのは、英アストラゼネカ、米ファイザー、仏サノフィなど。(1)安全と接種する人の健康を最優先する(2)科学と倫理の高い基準を維持して臨床試験(治験)や製造をする(3)最終的な治験を終えて安全と効果が確認された場合にのみ当局に承認を求める(4)グローバルな供給体制を整える――ことを確認した。
新型コロナの世界的な感染拡大を受けて、欧米の製薬大手はワクチンの開発を急いだ。治療法や予防法が限られ、ワクチンが数少ない対策だったためだ。通常ワクチン開発には5~10年かかる中で、1年以内を目指す異例のスピードで開発や治験が進んでいる。
だが、効果や安全性が確立されていないにもかかわらず、世界でワクチンに対する期待が先行している。トランプ米政権は11月の大統領選も視野に、迅速なワクチン開発を後押しする。米食品医薬品局(FDA)は治験終了前に条件付きで投与を認める「緊急使用認可」を検討しており、政権から圧力があったことが指摘されている。
ワクチン開発競争は世界で進む。ロシアは世界に先駆け、8月に自国産のワクチンを承認。中国と同様、早期に開発・製造して新興国に提供することで影響力を強めようとしている。フィリピンで10月から始まる同ワクチンの治験はロシアが資金を拠出する。治験終了前に政府が承認したことには批判の声もある。
今回の欧米製薬会社の共同声明は、こうした世界の動きに業界側からくぎを刺す意味合いがある。ワクチンは予防や重症化を防ぐ効果が期待されるが万能ではなく、過度な期待で安全性が後回しになれば、むしろ悪影響を及ぼしかねない。
声明に参加した他の6社は、英グラクソ・スミスクライン(GSK)、独ビオンテック、米ジョンソン・エンド・ジョンソン、米メルク、米モデルナ、米ノババックス。

 安全性を確保しているように見せかけるためのヤラセであり、ワクチンの実態を知れば、副反応、副作用など存在して当然です。
 今は新型コロナウイルスのおかげでBCG効果が見直されるのでその問題に触れにくいのですが、日本のBCGワクチン接種は大量の副反応としての、川崎病患者をたくさん生み出し続けてきました。強い作用があるからこそ、免疫に強く作用して新型コロナウイルスの感染を防ぐ役割を果たしているのです。プラスとマイナスを考える時に、今後に向けてのあり方が見直されて良いと考えています。小さな子供には強すぎるのであり、成長してからの接種の方が安全でしょう。分かっていながら、理屈で早い接種を求めて、川崎病患者を増やしている実体こそ問題であり、日本の厚労省のワクチンマフィアの世界です。

 こちらから見て、発生して当たり前の副作用でしょうが、何かを隠しているイメージは払拭出来ないでしょう。効果を持続するためにアジュバント他の安全性に問題のある物質を普通に混ぜ込んでいるので、ここに抵抗のある人には当然の結果になるのです。
 分かり切っていることなので、予想外の反応が見られたのだとも思えますが、とにかく結局発生の分かり切っていることなので、これに合わせて準備済みの動きが9社の合同で行われたと見るべきであり、大いなるヤラセと疑うべきでしょう。

 この中にある英グラクソ・スミスクライン(GSK)、米メルクは、子宮頸がんワクチンの副反応において、不純物の発生はないという嘘を垂れ流し、自分たちの問題を隠して今に到る犯罪容疑者です。放射能の反動がC14にあるので、タンパク質など生物由来の物質には劣化が常につきまとうのであり、これを隠して安全性を語るのが、彼ら国際医療資本であり、WHOなのでした。
 これが隠されている前科であり、今回はあらかじめ安全性に配慮をしているという姿勢を見せたいだけなのです。嘘つきの人間の屑は、自称むごい神ミロク大神様ですが、人間側でも大差ない者などどこにでもいるという話です。何を求め何を守りたいかでしょう。
 自分たちが飛びつくワクチンの利益のために、この先ガセネタ論文がたくさん生み出されるのであり、オブジーボなどその検証内容に疑いのある物があってもノーベル生理学賞です。医学の世界こそ利益のために歪んだ科学その物であり、この先の展開に注意が重要でしょう。
 トランプ大統領が11月3日よりも前にワクチンを使える様にしたいとがんばるので、これに対する足引きも兼ねているでしょう。自分で自分たちの首を絞めて、ワクチンの必要性が否定されて終わることが重要です。

 今後地震の発生分布のデーターのコピーをここにも転載します。せっかく福井県嶺北の地震を構造線の地震として予知出来たところなので、一連の流れが終わるまではここにも載せたいと思います。

ゆうちょ銀行
記号10560 番号39920511 イノウ マサユキ
三井住友銀行
船橋支店 普通預金 7055954 イノウ マサユキ

以上