地震に現れている自然の意図304 6月16日 6月18日追記

 地震と台風の位置から自然の意図を解釈しています。
 自然は6月17日の尖閣列島での紛争の始まり、6月18日の北朝鮮のミサイル発射と、これに前後する中共の香港向けの動きに警告を出しています。ミサイルは先伸びするかも知れません。安倍政権が軍産議会複合体の言いなりとして尖閣列島での紛争に進む姿が明確になっています。暗号解析で見てもこの先は善の側の望んだ流れに沿った動きであり、軍産議会複合体と中国共産党は香港とこの衝突に追い込まれて自然災害がそれを止めるという演出が、これから数ヶ月繰り返される様に感じられています。備えと注意は油断なくお願い致します。
 WHOとCDCの悪魔達にプレゼントを予定通りに2月に渡したので、続きに何が起きるかでしょう。3月26日までの期間でウイルスが拡散された状況まで明確です。パンデミックなのに、実際には死亡率が低いというデーターの公表を待っているようにも見えています。被害者総数は約100万人程度になる予想なので、たくさんの生け贄が捧げられ続けており非常に悔しい所です。作戦であるにしても人間としては容認出来ると口にしにくいでしょう。
 死亡率が高めに偽装されている新型コロナウイルスは、治療方法が解熱剤に頼るとその部分で死亡率を高めます。スペイン風邪の治療法が隠されており悪質な犯罪行為です。当時の教訓に従い解熱剤を使わず、熱を出させてウイルスを殺すべきです。医薬品を使わなくても可能なほどの、当時の実績である免疫強化が相応しい治療方法です。解熱剤こそ人間の免疫を阻害して、ウイルスを増殖させて体力を奪って死に至らしめるのでした。
 生け贄という言葉には、神は悪いことをしないという思い込みのある人には強い違和感があるでしょう。現実に戦場において味方を犠牲にしないと勝てない戦いの最中です。勝利を得るまでは、味方を犠牲にせざるを得ない悲しい戦略を自称むごい神ミロク大神様は人間と共に断行しており、勝利の後にその態度を手放す意味と覚悟で旗印として消える予定です。善の側としてのアラーの神も同様に振る舞うでしょう。今は大きめの地震や津波並みですが、新型コロナウイルスでどれほどの被害を出すかの勝負が実際に起きているのです。100万人の中の一人にならない様に行動も出来るのです。
 生け贄というこの言葉は生きる選択肢を持てる人に、生け贄にならずに済ませて欲しいという願いです。尊い犠牲になりたければどうぞであり、現実でない神の姿と、オカルトに特徴的な人間の姿を知らずに綺麗事の自己満足を語る局面ではないのです。
 100年前のスペイン風邪のパンデミックにおいて、実際に起きていたことは米軍の使用から始まったワクチンの薬害であり、当時の不完全なワクチン技術に加えて12種類もの無理矢理の混合が人間の免疫を破壊していたのです。その治療法にアスピリンという解熱剤を今の数倍も過剰に投与し、そこから誘発される肺炎で殺してきたのです。あとから調べて分かる主原因の肺炎こそこの事実の証明です。
 ワクチン学を筆頭に医学の教科書にはこの現実を隠すための嘘が満載です。ワクチンの起こした薬害という現実をないことにする嘘を教科書に書いて医師達を洗脳して、人を殺して薬を大量に使う治療法で利益を得るという人間性のないビジネスモデルこそWHOでありCDCであり現代の医学です。AIDSの拡散とがんや糖尿病にも利用されている、嘘を教科書に書くというこの手法を変える必要があるのです。
 5千万~1億人と言われる死者はペンタゴンワクチン風邪とアスピリンの薬害の被害者であり、医療業界はWHOも含めてこの事実を隠して、新型コロナウイルスでの2匹目のドジョウを狙っているのでした。ミロク大神さまと未来の計画を立てた人間達は当時のこの被害を見過ごすことで、見殺しにすることで、大きな悲しみを抱えて今の情報公開で彼らの悪事をこの世から追放したいのです。これほどたくさんの味方を、言葉は悪くとも生け贄にしないと、犠牲にしないと勝てない悲しい戦いの現実に向き合ってみて下さい。勝利のために非情を貫かざるを得ない、そのつらさと苦しみが分かるでしょうか。人間としても、自分が感情が希薄になる人霊になるとしても、あらゆる種類の命という物の大切さを知ることになるでしょう。

 この記事に出てくる数値は、数字の羅列だけ見ても意味が分かりませんし、初めて見る方には事前に知るべき内容が多すぎて困るところでしょう。これまで隠されてきた先史文明の遺跡、地球の過去、今の未来の計画など簡単に説明するのは改めての作業です。
 まとめ記事は何度も書いているのですが、すぐに本1冊分になる状況です。自然災害の流れと政治の変化について、簡単に知るには以下の記事で数値の意味を調べて下さい。自然と人霊達が、地の声という地震からの距離と角度の情報で、様々なことを日本語とヘブライ語で数値化して伝えてきたのが1366万年前の過去から延々と続くこの世界の現実です。

地の声の情報の見方と基礎知識へのリンクについて
http://www.biblecode.jp/News_View.php?@DB_ID@=1057

これから起きる構造線型地震の地震科学としての発生メカニズムとその候補の説明記事
自然の力と意図の存在を教える大規模地震の仕組み1~3
http://www.biblecode.jp/News_View.php?@DB_ID@=1062
DB_ID@=1062、1063、1065がこれらのアドレスです。

稲生雅之
イオン・アルゲイン

6月16日の3回目の追記
 明日明後日の17、18日で、尖閣列島の紛争、北朝鮮のミサイル発射が起きる可能性を高めています。双方が起きないことにも可能性はありますが、どちらか一方が起きると自然が動いて続きの政治の流れを変える動きになりやすいでしょう。備えと注意をお願い致します。先頭のまとめ文章を修正しました。すぐに動かなくても7月4日までに動く可能性を残しています。
 6月11日から噴火を止めている桜島ですが、山体が膨張しており少し大きめの噴火を起こす可能性を高めていると気象庁が警告を流しています。偽善の側の動きに合わせる物だと思えるのですが、現実的にも鬼界カルデラが動いて秦山に影響する場合、桜島の動きでそれを支える部分があると考えています。
 既に公表しているように、霧島山でもマグマ溜まりの潰れの兆候が出ているので、こちらも大きめに地震を起こしたり噴火に移ることも出来るでしょう。緊張の高まりを伝える物だと思います。
 石垣島の状況も今後の中国情勢に影響するので、津波には注意が必要だと考えます。博多も北京が動く時に影響が出るかも知れません。
 東京湾を今動かす必要はないのですが、備えとしては外せない所です。ここはもう少し先伸びして、敦賀や柏崎などが動いてからでないと、調整が難しいでしょう。
 政治のニュースに注意をして、桜島の噴火も、阿蘇山の噴火も合図になるでしょうから、これらに注意を向けて備えをお願い致します。

6月16日の4回目の追記
 国連事務総長も軍産議会複合体の代理人でしかないというニュースです。イラン問題をこれから動かしたい様子ですが、その様になるかどうか自然の動き次第でしょう。

「サウジ攻撃兵器はイラン由来」国連が非公開報告書で指摘し波紋
 2019年5~9月にサウジアラビアの石油施設や空港が無人機などで攻撃された一連の事件について、国連が非公開報告書で「兵器はイラン由来」と指摘していることが判明し、波紋が広がっている。今後、10月に期限満了を迎えるイランへの武器禁輸を定める国連安保理の制裁の行方にも影響を与えそうだ。
 ロイター通信によると、報告書はグテレス国連事務総長が安保理に宛てたもので、19年5月のアフィフの石油施設▽同6、8月のアブハ国際空港▽同9月のクライスとアブカイクの石油施設――への攻撃に使われた兵器の破片を国連事務局で分析したという。その上で、使用された巡航ミサイルや無人機は「イラン由来」と結論づけた。
 報告書は攻撃主体がどこかまでは言及していない模様だが、イランが武器禁輸を破っていた可能性が高いことも示唆している。
 イラン外務省は即座に「米国とサウジの政治的圧力の下で作成されたとみられる国連事務局の主張をイランは否定する」との声明を発表したが、安保理は6月中にこの問題について議論する予定。米国のクラフト国連大使は武器禁輸制裁を延長する決議案を近く配布するとしている。
 19年の一連の攻撃では、9月の石油施設への攻撃が最も被害が大きく、サウジ国内の原油生産量の半分が一時生産停止に陥った。隣国イエメンの親イラン・反政府武装組織「フーシ派」が犯行声明を出したが、米国はイラン関与説を主張していた。今回、国連もイランの関与を追認した形だ。【真野森作】

 こちらとしては過去の記事に書いているとおり、サウジアラビアの主張するUAVの攻撃ではなく、サウジが公表したビデオに映っている巡航ミサイルが主因であり、UAVであると言う主張と現実のビデオには食い違いが明確です。
 明確なのに国連事務総長までサウジと軍産議会複合体のガセネタにつき合うのでした。嘘がばれて、国連の地位の大幅な低下と、同様に、国連安保理の地位の低下こそ相応しいのです。第二次大戦の戦勝国の利益を確保し、それを長期にわたって固定化する仕組みでしかない国連と安保理には、終焉の時が来るのでしょう。WHOと同じく国際機関が特定の勢力に乗っ取られて利用される姿が明確になるところでしょう。
 愚かな姿なのに、これしか出来ない者こそ、軍産議会複合体の現実です。国連事務総長など、軍産議会複合体の代理人であり、操り人形でしかない姿を明確にしているニュースでした。今これを行うことこそ、国連事務総長に自主性のかけらもない情けなさをさらけ出すニュースだと思います。軍産議会複合体のなりふり構わぬ死にものぐるいの行動があるのであって、彼らの利益につながらない可能性の方が圧倒的に高いでしょう。

6月17日の追記
 4時30分に北緯東経3571366で地震が起こされており、357に隠す、1366には始まりの意味があります。始まりが隠されるのか重要な所です。
 解析対象ではないので、必要に感じる部分のみの解析です。岐阜県美濃中西部の地震でM2.7でした。

柏崎刈羽原発 262km、2020806、42.5度、2020620
 860kフィート、2020828
 288kヤード、2020617、9日おき
 164マイル、2020726、808
 142海里、2020731、802、この時期の累乗根
紫禁城   617の組み込みがあり、後でまとめる、通常の組み込みなし
船橋    88.75度、2020731、802
敦賀原発  52~54km、275~277度、近くて何でもあり
東倉里エリア 1136km
 706マイル
尖閣列島  1670km、20207
 65800kフィート、2020718
首相官邸  11200kインチ、2020620、7日おき
 933125フィート、29860
 311kヤード、6月22日
 153.6海里、3日おきのいつでも
香港国際空港 2650km、2020625、731
 8700kフィート、2020923
 2900kヤード、2020720、807
 1432海里

3571366から、617と618の評価
紫禁城
617/336=1836.30・・kmぎりぎりで外す
2735/14899=1835.6936・・km、太和殿、29798で始まり
617/2121=290.9005・・度、21;到着を2回
6854/949=72223393・・インチ、30368、天壇公園
6855/949=72233930・・インチ、同上

尖閣列島
617/3694=1670.2761・・km、3694で2020618
6854/2953=232.1029・・度、月の周期
2735/416=65745192・・インチ
2735/4992=5478766・・フィート、29952
618/37=1670.2702・・km、37;神
6855/2953=232.1368・・度、月の周期
2736/416=65769230・・インチ
2736/4992=5480769・・フィート、29952
2736/149895=1825.2776・・ヤード、29979
6855/76=901.9736・・海里、76;プレゼント
6174/3697=1670.0027・・km、369と70;プレゼント

官邸
617系列なし
2736/305=89.7049・・度、30;あとで、50;プレゼント
618/40234375=153.6海里、整数の強調
2736/178125=153.6海里、同上
6855/4462890625=153.6海里、整数の強調

東倉里エリア
617/49663=1242.3735・・ヤード、29798
618/497666=1241.7952・・ヤード、29860
618/875=706.2857・・マイル、暦の数値

 駆け引きの状況を表していると思われ、紫禁城には617、首相官邸には618です。尖閣と東倉里には双方があるので何とも言えないでしょう。
 もうすぐ16時でこの部分を書いています。動きがあれば暗号解析もやりやすいのですが、現状だと空回りするしかないかも知れません。本来なら自然災害の一つ前のイベント発生があって、この内容に基づいて続きの未来を確認出来るのですが、現状でこれを隠されているならその内容次第でしょう。
 読者の方には信じにくいところでしょうが、こちらに暗号解析の当たりを取らせたくないという動きでもあり、今でもまだ敵の動きへの牽制が出来ている部分を明らかにしている部分です。味方は敵のこの種の動きが余分に必要になる分、動きやすいでしょう。
 初動で当たりが取れなくても続きがあるので、そのどこかで当たりを出せるでしょうが、早いに越したことはないでしょう。毎回この種の隠す動き、陽動を重ね続けるほどに戦術がある物か、こちらは疑問に思うところです。それでも、情報公開の立ち上がりを遅らせることまで重視しているとは思いもよりませんでした。
 今起きていることが分かると良いのですが、さすがに情報なしです。ニュース関係をまとめると以下です。

1)防衛省敷地内に「PAC3展開」菅官房長官の公表で、国民を脅す目的に見える。
2)北朝鮮の軍部が予定通りに非武装地帯に戻り駐留する。
3)中印国境紛争で、銃器を使わないのに、棍棒と投石で死者がインド側に20人以上、中国側にも出ている。双方が相手の侵入をなじる事態。
4)北朝鮮の期待したはずの米政府の声明あり。事態のエスカレートが起きないことを望む。
5)中国公船は予定通りに尖閣滞在記録の更新。

 PAC3の展開は官庁街を守るのではなく、敵に伝える目的でしょう。もう一つは国民の不安を煽るためであり、尖閣情勢の緊迫と、北朝鮮のミサイル発射を支持率回復と続きの紛争戦争につなげる目的でしょう。
 北朝鮮には人工衛星などないので、他国の軍事情勢を知る手段はないに等しく、中国からの情報が頼りでしょう。これも何とも言えないので、首相官邸が北朝鮮に準備が出来たと伝えるような物です。
 日米中は、北朝鮮のミサイル発射の準備状況が衛星で監視出来るので、これに対応してPAC3を展開したという判断が普通です。

 ここまでを受けた自然の動きですが、岐阜県美濃中西部でM4.2の地震を起こしています。北緯東経3531365であり、数値の意味は感じられませんが、小浜市を通る構造線を直接刺激しており、京都府北部から愛知県東部まで最大震度4で広域に揺らしています。短冊の一方を動かす動きであり、続きで敦賀側を動かせるという意思表示になるはずです。
 現状で、太陽風速度は低速、噴火は西之島のみ、柏崎側には目立つ動きなしです。敦賀側は三重会合点からの構造線上に震源列を並べてもいるので、敵への牽制は現時点で敦賀・若狭湾側です。昨日の千葉県南部の地震でこの地震列を生み出していると見える程です。

 初動の何が隠されるのか、後で分かるでしょう。ミサイル関連の隠し事はミサイルが飛ぶまで隠せるでしょうが、飛ぶと続きは誰の目にも明確です。
 尖閣での衝突を考えると、17日の夕方から夜であれば、公表を遅らせることで18日のニュースに出来る可能性があるでしょう。ここは何とも言えない所です。
 この二つを考えると、まずは尖閣列島に出てくると思えるのですが、残り時間を削って解析をさせない目的もあるでしょうから、やりにくいところです。3571366での情報にもう少し偏りがあれば尖閣か東倉里かの判断が出来るのですが、推奨程度でしょう。結局両方動くかも知れませんし、動きはないかも知れません。
 現状は明日に向けて煽りを入れているので可能性は高いと思えますが、結局外すためのおとりにされているだけでもあり、結果次第でしょう。
 紫禁城が本日で官邸が明日の理由はもう少し検討します。それに合わせて解析作業を始めるところです。こちらとしては、目先を当てることより敵に勝つことです。
 油断なく備えと注意をお願い致します。北朝鮮の動きが陽動で、中共の尖閣での紛争スタートが本命に見える演出ですが、どうなるかは最後まで不明瞭でしょう。北朝鮮も動けるでしょうし、自然も対処可能な所を見せており、彼らの望む流れにはなりにくいでしょう。この状況下でどこを動かすかです。

6月18日の追記
 17日にハワイでポンペオ長官と中国の楊政治局員が会談をしており、その内容は公表されないままです。ここで何が起きるかの方向性が決まるはずなので、もう双方とも動けるはずですが、今のところ変化なしです。これが初動が隠されるの本来の意味かも知れません。結局こちらが騙されることが目的のようでした。
 自然は0時過ぎに諏訪之瀬島が噴火していますが、これ以外に地の声もなくその他はだまりです。以下諏訪之瀬島の重要に感じる部分です。

柏崎刈羽原発 47mインチ、2020389、624、718
 3920kフィート、2020711、809
 645海里、2020914
紫禁城   65571400インチ、アンドロメダの光速度
 5460kフィート、2020716
 1820kヤード2020928
 900海里、2020626、707、9日おき
皇居    51.8度、2020718
 45454545インチ、45で2020626、707、9日おき
 3790kフィート、2020828
 717.171マイル、2020731、802
 623海里、2020389
敦賀原発  898km、2020806
 35353535インチ、2020620、704、7日おき
 485海里、2020704
東倉里エリア 3940kフィート、2020629
 746.5マイル、29860
尖閣列島  752km、2020624
 29600kインチ、2020718、829
 2470kフィート、2020707
 468マイル、29952、2020707、824
首相官邸  火口がもう一つあり、そこから623海里、2020389可能
香港国際空港 70mインチ、2020620、704、7日おき
 5820kフィート、2020704
 1940kヤード、2020704
 1105.5マイル、始まりの数値
 960海里、3日おきのいつでも

諏訪之瀬島から618の解析
東倉里
618/1823=339.0016・・度、1823はJAL123の衝突1分前、18;兄弟、23;天の禁止
6855/145=47275862・・インチ、14;神、50;プレゼント
618/1565=3948881・・フィート、1565;神
尖閣列島
2736/364=751.6483・・km、364;悪魔
6855/911=752.4698・・km
618/822kヤード=751.8248・・km、kmとヤードで入れ子
2736/3328=822115・・ヤード、29952
618/132=468.1818・・マイル、13;神、20;彼と

 618の解析において神と悪魔が対峙するので、本日の偽善の側の動きは可能性が低いと感じます。
 偽善の側としては6月18日向けに最大限の牽制が必要ですが、彼らの本音としては7月4日の前後に多くの動きを集めて、自然災害を集中させることにあるのでしょう。あまりに集中するとプレートの動きが各地で不安定化するので、偽善の側が望む余計な自然破壊の動きをやりやすく出来るという話でしょう。こちらは気づくのが今でしたが、自然には分かり切っていることです。
 実際にどう転ぶかは不明瞭ですが、トランプ大統領叩きに重なるニュースも、関連する北朝鮮と中国の動きも、6月18日の動きへのひたすらの牽制でしょう。自然が動くと分かれば敵も動くのかも知れませんが、13時を過ぎてまだにらめっこでしょう。
 2019618においては22時過ぎの動きでしたので、本日の動きに可能性を残していますが、何とも言えません。諏訪之瀬島を使ったのは、前回の評価が2020年の2月だったので、ここに古いデーターとして2020389がたくさんある部分をアピールしたかったのでしょう。メインは敵向けです。
 続きは善の側が好きなように料理をする部分です。良い方向に進めることを願っています。

 この状況ですのでニュースはたくさんあります。

香港の自由象徴「7月1日大規模デモ」禁止の危機 コロナ対策名目に集会禁止令延長で
 香港の民主派が2003年から続けてきた7月1日の大規模デモが、今年は初めて行えない可能性が出ている。香港政府が16日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を理由とした集会禁止令を7月2日まで延長すると発表したため。香港返還記念日に当たる7月1日の大規模デモは、香港の「自由」を象徴する一大イベント。民主派は「新型コロナ対策を名目にしたデモ封じだ」と当局を強く批判している。
 香港では03年、政府が国家への反乱などを禁じる国家安全条例案の成立を目指したが、7月1日に50万人規模の反対デモが起き、政府は条例案の撤回に追い込まれた。これ以降、民主派は毎年、7月1日に普通選挙の実現などを要求する大規模デモを行い、19年も約55万人(主催団体発表)が参加した。香港政府が03年以降も国家安全条例を導入できなかったため、中国政府は今年5月、直接介入によって香港に国家安全法制を制定…

香港情勢めぐり「重大な懸念」G7外相が共同声明 中国政府に再考求める
 先進7カ国(G7)外相は18日、中国による香港への国家安全法制導入に関して共同声明を発表し、中国政府に対し「重大な懸念」を強調するとともに、再考を強く求めた。
 声明は、香港に国家安全法を制定するとの中国の決定について、香港の高度な自治を2047年まで保障した中英共同宣言の諸原則の下での「中国の国際的コミットメントと合致しないものだ」と指摘。国家安全法は「『一国二制度』の原則や香港の高度の自治を深刻に損なうおそれがある」とした。
 その上で、中国の行動が「法の支配や独立した司法システムの存在により保護される全ての人民の基本的権利や自由を抑制し、脅かすことになると著しい懸念を有する」と強調し、「われわれは中国政府がこの決定を再考するよう強く求める」と結んだ。
 香港情勢に関するG7の共同声明作成をめぐっては、安倍晋三首相が10日の衆院予算委員会で「日本がG7の中で声明を発出していく考えのもとにリードしていきたい」と述べていた。

トランプ氏、ウイグル人権法案に署名 弾圧関与の中国当局者に制裁
 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は17日、中国新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族の弾圧に関与した中国当局者に制裁を科すウイグル人権法案に署名し、同法は成立した。新型コロナウイルス感染の拡大や香港問題で対立する両国の関係悪化に拍車がかかる公算が大きい。
 同法は政権に対し、ウイグル族弾圧に関わった中国当局者らを特定する報告書を180日以内に議会に提出し、資金凍結やビザ(査証)取り消しなどの制裁を科すよう求めている。
 同法はまた、自治区での人権状況に関する報告書を180日以内に議会に提出するよう要請した。
 国連の報告書などによれば、中国当局が2014年以降、100万人以上のウイグル族らを強制収容したと指摘されている。
 トランプ氏は、中国との貿易協議を進展させたい思惑から中国の人権問題の追及には積極的でないとみられていたが、今回の署名で中国が「核心的利益」と位置付けるウイグル人権問題でも中国と対決していく姿勢を鮮明に打ち出した。
 法案は、上下両院でほぼ全会一致の支持で可決されていた。

米世論調査、バイデン支持がトランプ大統領を13ポイント上回る
[ニューヨーク 17日 ロイター] - ロイター/イプソスが米登録有権者を対象に実施した世論調査によると、大統領選挙でのバイデン民主党候補への支持が共和党のトランプ大統領を13ポイント上回り、今年の調査で最大の開きとなった。
48%がバイデン候補を支持した一方、トランプ大統領は35%となった。
CNNによる調査でもバイデン候補への支持が14ポイント上回っている。
トランプ大統領の仕事ぶりへの不支持は57%、支持は33%で議会が弾劾調査を行っていた11月以来の低水準。
共和党支持者のトランプ大統領への支持は、3月から6月にかけて毎月低下し、13ポイント下落した。
大統領の新型コロナウイルス対応については、全体の55%が不支持、支持は40%だった。3月から同様の質問をしているが、支持はこれまでで最低となった。
白人警官による暴行で黒人男性が死亡した事件を受け、全米で抗議活動が続いているが、調査では3分の2が抗議行動に同情的だった。
経済政策について両大統領候補のどちらを好むかについては、43%が大統領、38%がバイデン候補と答えた。
調査は全米でネットを通じて英語で実施。回答者は4426人で、民主党支持は2047人、共和党支持は1593人だった。

「トランプ氏が習氏に再選協力を懇願」ボルトン氏が暴露
 昨年9月に更迭されたボルトン前大統領補佐官がトランプ政権の内幕を暴露した回顧録の一部が17日、明らかになった。ボルトン氏によれば、トランプ米大統領は昨年6月、中国の習近平国家主席との会談で、自身の大統領選再選に協力してくれるように懇願したという。弾劾(だんがい)裁判に発展した「ウクライナ疑惑」に続き、外国政府に大統領選への介入を促したと受け取られかねない発言であり、大きな批判を浴びそうだ。
 複数の米メディアが17日明らかにした。ボルトン氏の回顧録によれば、トランプ氏は昨年6月29日、G20出席のために訪問した大阪での米中首脳会談の席上、中国の経済力について言及し、習氏に対し自身が大統領選で勝つことが確実になるように懇願。そのうえで選挙においては農家を始め、中国が大豆と小麦の購入を増やすことが重要だと強調したという。
 トランプ氏はまた、同じ大阪でのG20の開幕式の晩餐(ばんさん)会で、通訳だけを交えて習氏と会談。習氏が中国新疆ウイグル自治区での強制収容所の必要性を説明したところ、トランプ氏は習氏は強制収容所の建設を進めるべきだと語ったという。
 トランプ政権は中国をロシアと…

 トランプ氏の支持率は共和党内部で96%と安定しており、CNNとロイターが書くほどに悪い物かは疑問を感じる部分です。ボルトン氏のガセネタと思える選挙協力依頼も含めて、ねつ造の嵐でしょう。なりふり構わぬ攻撃でしょう。
 香港情勢では、7月4日の前後に向けての工作が進展しているという事でしょう。全人代の結果も20日には出るでしょうから、続きはここの節目と7月になるのかも知れません。
 暗号解析側は本日動きなしとしての7カ所の解析をして結果を公表したいと思います。動きの可能性はこちらの感じとして五分五分ですので、油断なく備えと注意をお願い致します。

ゆうちょ銀行
記号10560 番号39920511 イノウ マサユキ
三井住友銀行
船橋支店 普通預金 7055954 イノウ マサユキ

以上